雲のやすらぎプレミアムのカバー・シーツって何使えばよいの?

雲のやすらぎプレミアムは通気性、反発性、耐久性に優れた非常に質の良いマットレスです。今回は雲のやすらぎプレミアムのカバー・シーツについて、専用の商品があるのか、市販の商品でも対応可能かといったことや、他に購入する必要がある商品がないかといったことを記載していきます。現在、購入を検討されている方には必見の情報なので、ぜひ読み進めていってください。

 

 

市販のシーツ・カバーは使える?

雲のやすらぎプレミアムのカバー・シーツって何使えばよいの?

 

結論から言いますと、市販のカバー・シーツでも使うことができます。
しかし、雲のやすらぎプレミアムは長さ(縦)が200cmで、幅はサイズによって異なりますが100cm〜140cm、そして厚みが17cmとなっており、非常に厚みのある作りになっています。
そのため、ボックスシーツ用でなければ雲のやすらぎプレミアムに対応できない可能性が高いです。

 

ボックスシーツ用ではなく、普通の敷布団やマットレスのカバーをお持ちの方は厚み17cmにも対応できるかどうかを確認されたほうが良いかと思います。

 

 

 

専用のカバー・シーツってあるの?どんなもの?

雲のやすらぎプレミアムのカバー・シーツって何使えばよいの?

 

雲のやすらぎプレミアムには専用のカバーがあります。
これは別で購入するようになっており、金額は以下の通りです。

 

正直なところ市販のカバーでも対応できるので、それで良いかとは思いますが、不安な方は専用のカバーを購入されるのがおすすめです。

 

 

この専用カバーですが、マットレスと同じく日本製で、通気性、吸湿性に非常に優れた商品となっており、オールシーズンで使用可能です。
また、敏感肌の方や赤ちゃんでも安全に使えるカバーとなっております。

 

 

 

カバーを付けないとどうなるか?

雲のやすらぎプレミアムのカバー・シーツって何使えばよいの?

 

マットレスにカバーをつけなくても使うことはできます。
しかし、衛生的に好ましくありません。

 

人は寝ている時に汗をかきますので、カバーをしていないとマットレス本体が汚れていってしまいます。
多くのマットレスが使用できない仕様になっているので、一度汚れてしまうとなかなかもとの状態に戻すことはできません。

 

そのため、きちんとカバー・シーツをしてから使用することをお勧めします。
カバー・シーツであれば洗濯もできますので、衛生面も保たれます。

 

 

 

他に購入するものはある?

雲のやすらぎプレミアムのカバー・シーツって何使えばよいの?

 

カバー・シーツ以外で購入しておくと良い物の言えば、敷きパッドやすのこでしょう。

 

雲のやすらぎプレミアムは通気性の非常に優れた商品で、人が睡眠時に発する湿気や熱を下から追い出すような作りになっています。
そのため、もし雲のやすらぎプレミアムを畳やフローリングの上に直接敷いて使っていると、床とマットレスの間に逃げた湿気や熱がたまってしまい、カビなどが繁殖しやすくなってしまいます。

 

このような事にならないように、雲のやすらぎプレミアムのすのこを敷いたり、敷きパッドを上に敷いておくと安心です。

 

敷きパッドやすのこに関しては専用のものはないようですので市販の商品で問題ないかと思われます。